トピックス

マクロビオティック講義&料理教室
2018年デトックス&ノーソルト合宿再開!。

トピックス

マクロビオティック講義&料理 望診士育成講座 陰陽座談会
手当法講座 離乳食教室 新しい命を生むお母さん女性のための講座
大和勉強会 個人相談 デトックス&ノーソルト合宿

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
12月31日の毎年恒例お節作りの会


トピックス

 

12月・1月のクラスのご案内

 

2021年明けましておめでとうございます。

旧年中もマクロビオティックへのご興味をありがとうございました。

今年は益々マクロビオティックの世間への貢献が求められると思います。

今日は七草粥ですね。我が家は七草粥断食を1日します。が、明日は次男のお誕生日でご馳走は作りませんが、ケーキを作りますので食べ過ぎないようにしたいです^^

より自然に寄り添った生活を実践しながら精進を図っていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も全ての講座が国内外からZoom、Zoom録画、DVD受講可能です! 

 

マクロビオティックを基礎から指導者育成まで学ぶ「マクロビオティック講義&料理」クラスはいつからでも単発でもご受講頂けますが、

講義は1月から順に行っております。今月からご参加頂くとより効果的にご理解頂けると思います。

マクロビオティックの導入として55分の動画をHPに載せています。

1月は修了会があります。初級、上級クラスを全12回修了された方は各クラスにつき1品作ってご持参下さい。修了会に参加された後、マスタークラスにご参加頂けます。

マスタークラスを全12回修了された方はこちらから出させて頂くテーマに沿った食戔料理を1品ご持参下さい。

昨年は東京での修了会が開催出来なかった為、既にマスタークラスを受講されていて、初級と上級クラスの修了会が未受講の方は今年こちらの2クラス分も合わせてご参加下さい。

お申し込み時に修了されるクラス名と修了証にお書きするお名前をお知らせ下さい。

詳細はこちらに載せております。

マクロビオティック料理教室 マクロビオティック|穀物菜食 お料理教室・講座・デトックス合宿のLaCocinaDeMinaka (cocina-minaka.com)

1月から新講座「大和勉強会」が全6回で、2月からは坂口直樹先生の九星気学講座が全5回でスタートします。

2月は磯貝昌寛先生の望診&お手当て講座と個人相談があります。

6月27日からは磯貝昌寛先生&高桑智雄先生の陰陽合宿、7月4連休は特別リトリートが小淵沢で開催されます。詳細は1月末にFBやHPでご案内予定です。

オンラインで個別指導しながらの「おうち断食」も好評を頂いております。詳細はこちらに載せています。

 

〇1月の特別クラス

・東京で修了会

・全五回手当法講座BCD

・大和勉強会(カタカムナ・古神道)スタート

・望診士育成講座スタート

〇2月の特別クラス

・磯貝昌寛先生の望診&お手当講座と個人相談

・坂口直樹先生の全五回九星気学講座スタート

・桜澤如一を読み解く会Vol.4@Zoom

〇当校でマクロビオティックを基礎から指導者育成まで学ぶ方法は4パターンあります(初級と上級クラスは並行受講可能です)

パターン1:東京で月に一度づつ受講

パターン2:山梨で週末まとめ型(単発受講も可)

パターン3:オンライン受講

パターン4:DVD受講

〇各講座のお申し込み方法

各講座の2日前までにお電話 090-1266-3927 かメール tmrl3722@yahoo.co.jp でご連絡下さい。
メールの場合、三日経っても返事がない場合はお手数ですがお電話頂けますでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

〇1月・2月のクラス日程&受講料 

*マスタークラス・研究科・望診士育成講座・大和勉強会以外の全てのクラスが単発や初めてのご参加が可能です!

*全ての講座が国内外からZoom、Zoom録画、DVD受講可能です! 
<東京・中目黒校> *東京の開始時間が変更となりました!
☆初級クラス(パターン1)

@1月13日(水)11時半~14時半 4,000円

「穀物が平和を作る・マクロビオティックの歴史」*自分に合った穀類を見つける

A2月3日(水)11時半~14時半 4,000円

「陰陽を知ると人生より愉しい・マクロビオティックスって穀物採食?・肉魚の食べ方・砂糖の食べ方・薬の取り方」*味噌汁の陰陽

☆上級クラス *初級と並行受講可能(パターン1) 

@1月20日(水)11時半~14時半 5,000円

「西洋医学的に見た穀物菜食」

A2月10日(水)11時半~14時半 5,000円

「全ての死は自分で選んでいる?ー病気とは?一番治しにくい病は?心、魂、体の三位一体・癌とは?」

 

☆マスタークラス (パターン1)

@1月27日(水)11時半〜14時半 6,000円

「発生学・相似象」

A2月24日(水)11時半~14時半 6,000円

「肝臓・胆嚢について」

☆望診士育成講座全12回 45,000円 

@1月20日(水)14時半?17時

A2月10日(水)14時半~17時

 

☆大和勉強会(カタカムナ・古神道)全6回 15,000円

@1月27日(水)14時半?16時半

A2月24日(水)14時半~16時半

☆修了会(詳細はお尋ね頂くかホームページをご覧下さい)

1月13日(水)14時半?16時半 (修了証代:初級3,000円・上級4,000円・マスター5,000円)

<山梨・小淵沢校>

☆陰陽座談会

1月19日(火)11時〜14時 3,000円

*簡単なお料理のデモンストレーションと宇宙論講義とゲーム・Crux等を取り入れながら共に陰陽を考えます。マクロビオティックとは何なのか?マクロビオティックの醍醐味を初心者の方も楽しめます!

 

☆大和勉強会(カタカムナ・古神道)全6回 15,000円

@1月25日(月)10時半?12時

A2月8日(月)10時半~12時

☆オンライン講座@Zoom

I1月29日(金)10時?13時 上級クラスI 4,500円

J2月18日(木)10時~13時 上級クラスJ 4,500円

*ご遠方の方はZoomで、お近くの方は小淵沢校(軽食付き)で上級講義のみを行います

*10時からミニお料理デモンストレーションを行います

☆手当法講座 2,500円/1回・12,000円/全五回(単発参加可能)10時半?12時

B1月18日(月)「傷(出血・鼻血)・火傷やばい菌・虫歯」

C1月21日(木)「湿疹」

D1月26日(火)「下痢・便秘・嘔吐」

☆初級クラス(合宿型・単発受講可)

@2月19日(金)16時~19時

A2月20日(土)10時~13時

B2月20日(土)16時~19時

C2月21日(日)9時~12時

☆磯貝昌寛先生の望診&お手当て講座

2月1日(月)11時~14時半 5,000円(軽食付き)「肝臓・胆嚢について」

☆磯貝昌寛先生の望診個人相談(予約制)

2月1日(月)お一人45分8,000円*枠に限りがございますのでお早目にお申し込み下さい。

☆坂口直樹先生の全五回九星気学講座(2月?6月に月に1回づつ開催)

@2月22日(月)11時〜14時 5,000円(軽食付き)

<Zoomのみのイベント>

☆桜澤如一を読み解く会Vol.4@Zoom 2月13日(土)9時?10時半「人間はどこから来たか」

*こちらは主催が桜沢如一研究会(WOGOMs)になります為、お申し込はこちらのお申込フォームよりお願いしますhttps://forms.gle/s9iL5HmmYBb5bY777

各クラスの詳細はホームページに載せております。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


長文を最後までお読み頂きありがとうございました。
皆様との出逢いを楽しみに、 愉しい時間を共有させて頂けるよう毎回精進してお待ちしております。

(Blogはこちらに移動しました。https://ameblo.jp/minakanagai

 

ラ・コシナ・デ・ミナカ
永井 邑なか

■お問合せ/申込み

住所の詳細はお申し込み時にご連絡させて頂きます


facebook twitte instagram Mixi

地震や放射能について、マクロビオティックの諸先生方の記事等を含め何回かに分けてBlogに載せております。 よろしかったらご覧ください。
Blogはこちらからご覧ください。

 

ラ・コシナ・デ・ミナカでは、マクロビオティックについて多くの方に理解していただきたいと思っています。

マクロビオティックとは・・・」からの一部抜粋

・マクロビオティックとは、桜沢如一が提唱した言葉で、古代ギリシャ語で「大きな視野を持って健康で長寿する」といったような意味です。

・ハリウッドでマクロビオティックが流行り、逆輸入するような形で今日本でもマクロビオティックが知られるようになりましたが、元々は日本人が実践していた食事法です。

・マクロビオティックな食べ方とは決して質素でおいしくないものではありません。おいしいと感じるものをおいしいと感じる味付けで食べるのがマクロビオティックな食べ方です。

東京都のお料理教室や山梨県小淵沢のお料理教室でマクロビオティック(穀物菜食)お料理教室を行っています。マクロビオティックの料理は手軽にでき、お子様にも喜ばれる料理です。マクロビオティックの料理教室でマクロビオティック料理の良さを知ってください。

※教室の利益の一部を奥山保全基金に寄付させていただいています。

 

Macrobiotics is a life style according to nature.

Human beings are parts of nature, so we should live according to nature’s rule.

Macrobiotics is not to cure a disease, but it’s how we should live.

First, we are not carnivorous animals or herbivorous animals. We are animals to
eat grain.

And, our bodies (our blood, our cells, and our organs) and our mind are made by
what we eat.

It’s us who choose what we eat.

If we change what we eat, our life will change.

It’s us to make our health and our fate.

I think macrobiotics is a practice that we understand and choose.

Food burn in our bodies and make our blood, so we should eat food which is easy
to burn.

Oil is very difficult to burn, especially animal fat.

Eggs have most fat, and cow’s milk has much fat which is very difficult to
digest.

And then, animal fat becomes hard in our bodies and cause arteriosclerosis,
heart attack, and so on because temperature of animals is higher than us.

Sugar is also very difficult to burn, and there is a lot of harm of sugar.

I don’t tell about the detail of the harm here.

Sugar can’t burn perfectly in our bodies and leave a lot of things which becomes
damage of our body.

For example, one of them causes itching and a fit, that is atopy and asthma.

Next, it’s very difficult to burn when we eat too much food even though it’s
grain or vegetables.

We need things to ignite when we eat and burn food.

They are in skin, so we should eat food with its skin.

For example, grain with skin, that is whole grain. Vegetables with skin.

Whole grain and vegetables are easy to burn.

They can burn perfectly in our bodies, so they don’t leave anything in our
bodies which may cause cancer.

The best way to eat according to nature’s rule is to eat grain and vegetables in
small quantity.

Second, there is a theory which is about the energy of Yin and Yang in
macrobiotics.

Everything which exists in this universe is affected by two energy, Yin and
Yang.

Yin is energy which expands, and Yang is energy which condenses.

So, the energy from the universe to the earth is Yang energy, and the energy
from the center of the earth to the universe is Yin.

Our bodies are given Yang energy from our whirls and Yin energy from our
genitals from the earth.

However, men are given more Yang energy than women from the universe, so
men is Yang when we compare men and women.

Then, when we compare adults and children, which is Yang?

It’s children because children are more condensing energy.

So, girls are Yang when we compare girls and men.

Yin and Yang is not absolute but comparative theory.

Each food also has Yin and Yang energy.

Bananas become very tall trees, that is, they have expanding energy.

So, bananas are more Ying than watermelons.

If we eat many bananas, our bodies will become Ying energy.

It’ s important to eat at good balance.

If we break this balance, we may get disease or our lives don’t go well.

We can make our health and our lives when we know about Yin and Yang.

 

 

 

しくはこちらをご覧下さい。