トピックス

マクロビオティック講義&料理教室
2018年デトックス&ノーソルト合宿再開!。

トピックス

料理教室 KIJXのご案内 手当て法講座
離乳食教室 各種合宿,望診 望診相談
その他の講座 イベント紹介 ご覧になりたいタイトルをクリックしてください。

トピックス

 


メディア掲載情報はこちらをご覧ください


メディア掲載情報はこちらをご覧ください


メディア掲載情報はこちらをご覧ください


メディア掲載情報はこちらをご覧ください


マナマハロ オーガニックコンビニを目指したお店を2016年7月2日に小淵沢にオープン

オーガニックコンビニを目指したお店を2016年7月2日に小淵沢にオープンしました
夏の間は日本で7軒しか作っていない天然かき氷も販売しております。 
練乳から手作りで動物性、乳製品、白砂糖、はちみつ等は一切使用しておりません。
皆様のお越しをお待ちしております!
従業員の方も募集しております。お気軽にお問い合わせ下さい。
Manamahalo:) (マナマハロ)
https://www.facebook.com/マナマハロ-618917454944881/?fref=ts


トピックス

スマートフォンの方は「過去のイベント情報やメディア掲載情報」はこちらからご覧ください

 

1月のクラスのご案内

 

皆様、 2018年の節目の大事な時期、冬至まであと5日となりました。師走のお忙しい時期に失礼致します。 後世にマクロビオティックを遺していく為に「マクロビオティックとは何か?」をより追求してお伝えしていく2019年からの新しい講座のご案内と、 1月のスケジュールが変更した為訂正した日程を、失礼して、一斉メールにてご案内させて頂きます。 基本的には月に一度、ラ・コシナ・デ・ミナカのクラスのご案内を送らせて頂いておりますが、今後こちらのメールが必要ない方は大変お手数ですが tmrl3722@yahoo.co.jp までご連絡頂けますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。 息子が犬の散歩中に撮ってきた狂い咲きの桜の写真を見て陰陽を考える

アボカドの大小とそれが育った土地を陰陽で考える

家の周りの壮大な自然から教えてもらうことも沢山!!

自然(宇宙)の法則を知って、考えて、その知恵を生かしたより豊かな生活を多くの方と共有出来たら...

子ども達が赤ちゃんの頃でも一度も私が歯磨きをしてあげたことがない、と昨日友人に話したら驚かれた(娘は18年間一度も虫歯になったこともない。今だにあまり磨いていない子だけれど…)

宇宙の法則に沿って、自分が当たり前と思ってしてきたことが世間では目から鱗だったり...
陰陽を知るともっと生活が楽になったり、人生が愉しくなったり...

陰陽に捕らわれた生活ではなく、陰陽を愉しむより豊かな生活の為に、気軽に陰陽を知りたい方、気軽に陰陽を一緒に考えてみたい方、初めての方、既に陰陽を考えている方等どなたでも、来年から山梨で新しく始まる穀物採食のお料理を一緒に作って食べて行う「陰陽座談会」でお待ちしております!

東京から日帰りも出来る距離ですし、マクロビオティックとは生活!
生活を共にしながらお伝え出来ることがある為、ご遠方からの方等座談会の前後にご宿泊も頂けます

より深く詳しくお伝えしている「マクロビオティック講義&料理」のクラスは初級、上級、マスタークラスがあります
どの月からでも単発でもご参加頂けますが、東京では1月から順を追ってお伝えしているので、1月からご参加頂くとより効果的に学んで頂けると思います
(山梨では2月から合宿タイプで初級クラスからスタートします!)

2019年1月のスケジュールに変更が生じましたのでご案内させて頂きます
<東京・中目黒>
初級クラス@: 1月30日(水)10:45〜13時半 4,000円
上級クラス@: 1月25日(金)10時〜13時 5,000円
マスタークラス@: 1月23日(水) 10:45〜13時半 6,000円 修了会 1月23日(水)14時半〜16時半 *修了されない方も1品持ち寄りか1,000円でご参加頂けます
鎌倉講座「陰陽で診る病と手当て」 1月31日(木)10時〜11時半 1,500円
横浜バースハーモニー 1月24日(木)10時半〜 望診相談:14時半〜
<山梨・小淵沢>
陰陽座談会 1月28日(月)11時〜13時 3,000円
民泊 一泊素泊まり 2,500円 一泊朝夕食付き 4,500円 修了会 1月21日(月)11時〜13時*修了されない方も1品持ち寄りか1,000円でご参加頂けます

お気軽に陰陽の扉を開きにいらして下さい!
皆様との出逢いを楽しみにお待ちしております! ラ・コシナ・デ・ミナカ 永井 邑なか
http://cocina-minaka.com/


各クラスの詳細はホームページに載せております。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
長文を最後までお読み頂きありがとうございました。
皆様との出逢いを楽しみに、 愉しい時間を共有させて頂けるよう毎回精進してお待ちしております。


 

ラ・コシナ・デ・ミナカ
永井 邑なか

■お問合せ/申込み

住所の詳細はお申し込み時にご連絡させて頂きます


Hemp(ヘンプ)とは

Hempとは大麻(おおあさ)のことです。大麻はとても生命力が強く、また電磁波を除去したり、浄化力もあるので、古代から日本人はあらゆるところでこの大麻を使っていました。

例えば「衣服」とは本来「医服」と書くそうで、肌に身につける物は肌からそのエネルギーが入り内臓にも影響します。大麻には血液を浄化させる力もある為、薬や医服、産着としても使われてきました。

戦後、石油で世界が支配されるようになり、あらゆるところから大麻が消えていきましたが、今でも天皇家では祭事の際には大麻を着られて行われています。 当校ではオリジナルのHempのショールやエプロン、シーツ なども作って販売させて頂いております。

■お問合せ/申込み


tel:0551-45-8971もしくは090-1266-3927

 

地震や放射能について、マクロビオティックの諸先生方の記事等を含め何回かに分けてBlogに載せております。 よろしかったらご覧ください。
Blogはこちらからご覧ください。

 

ラ・コシナ・デ・ミナカでは、マクロビオティックについて多くの方に理解していただきたいと思っています。

マクロビオティックとは・・・」からの一部抜粋

・マクロビオティックとは、桜沢如一が提唱した言葉で、古代ギリシャ語で「大きな視野を持って健康で長寿する」といったような意味です。

・ハリウッドでマクロビオティックが流行り、逆輸入するような形で今日本でもマクロビオティックが知られるようになりましたが、元々は日本人が実践していた食事法です。

・マクロビオティックな食べ方とは決して質素でおいしくないものではありません。おいしいと感じるものをおいしいと感じる味付けで食べるのがマクロビオティックな食べ方です。

東京都のお料理教室や山梨県小淵沢のお料理教室でマクロビオティック(穀物菜食)お料理教室を行っています。マクロビオティックの料理は手軽にでき、お子様にも喜ばれる料理です。マクロビオティックの料理教室でマクロビオティック料理の良さを知ってください。

※教室の利益の一部を奥山保全基金に寄付させていただいています。

 

Macrobiotics is a life style according to nature.

Human beings are parts of nature, so we should live according to nature’s rule.

Macrobiotics is not to cure a disease, but it’s how we should live.

First, we are not carnivorous animals or herbivorous animals. We are animals to
eat grain.

And, our bodies (our blood, our cells, and our organs) and our mind are made by
what we eat.

It’s us who choose what we eat.

If we change what we eat, our life will change.

It’s us to make our health and our fate.

I think macrobiotics is a practice that we understand and choose.

Food burn in our bodies and make our blood, so we should eat food which is easy
to burn.

Oil is very difficult to burn, especially animal fat.

Eggs have most fat, and cow’s milk has much fat which is very difficult to
digest.

And then, animal fat becomes hard in our bodies and cause arteriosclerosis,
heart attack, and so on because temperature of animals is higher than us.

Sugar is also very difficult to burn, and there is a lot of harm of sugar.

I don’t tell about the detail of the harm here.

Sugar can’t burn perfectly in our bodies and leave a lot of things which becomes
damage of our body.

For example, one of them causes itching and a fit, that is atopy and asthma.

Next, it’s very difficult to burn when we eat too much food even though it’s
grain or vegetables.

We need things to ignite when we eat and burn food.

They are in skin, so we should eat food with its skin.

For example, grain with skin, that is whole grain. Vegetables with skin.

Whole grain and vegetables are easy to burn.

They can burn perfectly in our bodies, so they don’t leave anything in our
bodies which may cause cancer.

The best way to eat according to nature’s rule is to eat grain and vegetables in
small quantity.

Second, there is a theory which is about the energy of Yin and Yang in
macrobiotics.

Everything which exists in this universe is affected by two energy, Yin and
Yang.

Yin is energy which expands, and Yang is energy which condenses.

So, the energy from the universe to the earth is Yang energy, and the energy
from the center of the earth to the universe is Yin.

Our bodies are given Yang energy from our whirls and Yin energy from our
genitals from the earth.

However, men are given more Yang energy than women from the universe, so
men is Yang when we compare men and women.

Then, when we compare adults and children, which is Yang?

It’s children because children are more condensing energy.

So, girls are Yang when we compare girls and men.

Yin and Yang is not absolute but comparative theory.

Each food also has Yin and Yang energy.

Bananas become very tall trees, that is, they have expanding energy.

So, bananas are more Ying than watermelons.

If we eat many bananas, our bodies will become Ying energy.

It’ s important to eat at good balance.

If we break this balance, we may get disease or our lives don’t go well.

We can make our health and our lives when we know about Yin and Yang.

 

 

 

しくはこちらをご覧下さい。